気の向くままに

気の向くままに

旅の記録(🇦🇺🇺🇸🇬🇺🇹🇭🇹🇼🇱🇦🇻🇳🇰🇭🇰🇷🇭🇷🇧🇦🇩🇪🇨🇿🇦🇹🇸🇰🇸🇮🇲🇾🇮🇳🇨🇳)と好きなこと

お花

 

フィルムでお花を被写体にすると、すごくいい写真が撮れる。

 

 

それが舗道にぽつんと咲いているタンポポであろうと、

 

常日ごろから手入れされている花壇のバラであろうと、

 

人様のお家の庭のパンジーであろうと、

 

はたまた、

 

その花の名を知らなくとも、

 

撮った一枚はいい表情を持っている。

 


f:id:minresfeber:20181027031124j:image


f:id:minresfeber:20181027031132j:image

 

カメラ片手に街を歩いているとき、眼に花が飛び込んでくれば、

シャッターを切りたくなる。確かな理由はないが、お花を見るだけで、心は高まる。

 

f:id:minresfeber:20181027031116j:image


f:id:minresfeber:20181027031158j:image


f:id:minresfeber:20181027031120j:image

 

 

f:id:minresfeber:20181027031154j:image


f:id:minresfeber:20181027031129j:image


f:id:minresfeber:20181027031202j:image


f:id:minresfeber:20181027031111j:image

 

お店に入り、目の前にある色とりどりのそれに目を奪われ、

人を想い選ぶ瞬間。そしてそれを手にしたときの高揚感。

それを渡したときの少しの恥ずかしさとお互いに嬉しくなる瞬間。

 

f:id:minresfeber:20181027031107j:image


f:id:minresfeber:20181027031147j:image

 

お花は人をハッピーにする。

 

 

結局何が言いたいかというと、お花が好きということ。

お花を愛でる所作の美しい男でありたい。朝の7時にそんなことを想って綴る。