気の向くままに

気の向くままに

旅の記録(🇦🇺🇺🇸🇬🇺🇹🇭🇹🇼🇱🇦🇻🇳🇰🇭🇰🇷🇭🇷🇧🇦🇩🇪🇨🇿🇦🇹🇸🇰🇸🇮🇲🇾🇮🇳🇨🇳)と好きなこと

微笑みの国

LCCタイ・エアアジアバンコクに到着。

 

飛行機を降り、空港に足を踏み入れた瞬間、独特の香りを感じた。

「ああこれが東南アジアの香りか。」と

クセになりそうで結構好きな気がした。

 

 

なぜタイを選んだか。

初めての一人旅にオススメとネットに書いてあったから。

そう私は本当にネットの情報を頼りにする現代っ子なのです。

 

そんな単純な動機で選んだわけですが、確かにタイは初めて一人で異国の地を訪れる者にとって易しい国でした。治安、宿、飯、交通機関など、どれをとっても満足のいくものだった。

 

 

ドンムアン空港イミグレ

f:id:minresfeber:20180821013025j:plain

 結構混んでたなあ

 

無事に入国した後は、荷物を受け取ってバスで市内へ。

バスは到着ロビーの6番出口に停車。

f:id:minresfeber:20180821013554j:plain

5分に一本はBTSモーチット駅行きのA1バスが来るみたいなので安心。

 

支払いは走り出して10分くらいしたところで、おばちゃんが一人一人から回収していくスタイル。30バーツ/約100円

 

タイの物価は安いと知っていたが、いきなり身を持って体感する。

 

バスがモーチット駅に着いたら、BTSスカイトレイン)に乗って、プロームポン駅まで向かった。

f:id:minresfeber:20180821235612g:plain

 

宿にチェックイン

f:id:minresfeber:20180822212915j:plain

 

この旅から大変お世話になるbooking.com

www.booking.com

 

夜ご飯を食べに外へ繰り出す。

適当に散歩し、パッタイの屋台を発見。

f:id:minresfeber:20180822213458j:plain

東南アジアらしい屋台、よしここにしよう。

 

おばちゃんに「これください。」と言った。言葉が通じないのか返答もせず、特に表情も変えない。とりあえず待ってみようと思って、横の段差に腰を下ろして10分くらいしたら、作ってもらえた。忙しくてイライラしてたのかもしれない。

f:id:minresfeber:20180822213639j:plain

味はいたって普通。東南アジア一発目の食事だったから少し独特な味付けに困惑。