気の向くままに

Resfeber

🇦🇺🇺🇸🇬🇺🇹🇭🇹🇼🇱🇦🇻🇳🇰🇭🇰🇷🇭🇷🇧🇦🇩🇪🇨🇿🇦🇹🇸🇰🇸🇮🇲🇾🇮🇳🇨🇳🇨🇦

TorontoFC 観戦記

 

2019年3月17日

 

トロントを本拠地とするMLS(メジャーリーグサッカー)のチーム・トロントFCのホーム開幕戦を観に行ってきた。

 

試合当日の朝、何気なくTicketMasterを覗いてみるとチケットが安くなっていたので購入。

ゴール裏の席で17CAD 日本円にして1,400円ほど

f:id:minresfeber:20190318134430p:image

 

同じ日にニューヨーク滞在中のなおや/たけなかもシティを観戦するとのことだったので、それにも若干感化され、購入。

 

トロントFCは昨年こそイマイチな成績だったものの、2年前にMLSカップでチャンピオンになった。ここ数年で強くなってる(?)チーム。

チームには、アメリカ代表のブラッドリーやベルギー代表のシモン、そしてリーグ唯一の日本人プレーヤー遠藤翼などが在籍している。昨季まではイタリア代表のジョビンコもいたのだが、中東のクラブに移籍してしまった。これは非常に残念。

 

海外でサッカー観戦するのは何気に初めての事。

高まる期待感を胸にオンタリオ湖近くのホームスタジアムBMO Fieldへ。

 

f:id:minresfeber:20190318111115j:image

到着
f:id:minresfeber:20190318111301j:image


f:id:minresfeber:20190318111201j:image


f:id:minresfeber:20190318111102j:image

これだよ、これ、ピッチとの距離が近い、the海外なサッカー専用スタジアム
f:id:minresfeber:20190318111238j:image


f:id:minresfeber:20190318110700j:image

身体検査を済ませて、バーコード提示して入場

f:id:minresfeber:20190318111247j:image


f:id:minresfeber:20190318111218j:image

スタジアム価格にしてはビールが高め
f:id:minresfeber:20190318111151j:image

グッズショップ
f:id:minresfeber:20190318111210j:image

まさかのサポーター席だった。日本と違って自由席はないみたい。
f:id:minresfeber:20190318110732j:image


f:id:minresfeber:20190318111230j:image


f:id:minresfeber:20190318111311j:image

アメリカ国歌の後にカナダ国歌が生披露され、皆合唱。初めて聴いた。
f:id:minresfeber:20190318110643j:image

とりあえず『TFC!TFC!!」って叫んどけば問題ない。
f:id:minresfeber:20190318111045j:image

この発煙筒の感じ、海外のサッカーって感じするなあ。
f:id:minresfeber:20190318110707j:image


f:id:minresfeber:20190318110653j:image

 

試合は3-2でトロントFCの勝利。

前半の頭にPKで先制され、すぐさま追いつき、終了間際に逆転して後半へ。

一度は追いつかれて振り出しに戻るが、途中出場のアルティドールが試合を決めた。

 

個人的にはボランチのブラッドリーの安定感が抜群すぎて、観ていてすごく頼もしかった。

試合自体は楽しかったけど、やっぱり普段応援してないチームを見るのは正直そこまで熱が入らない。海外サッカーの雰囲気を味わえたことは非常に良かった。次回はDC Unitedにいるルーニーを観に来ようかな。

 

ああユアスタ行きてえ。今季未だ白星なしのベガルタ、J2降格だけはごめんですよ。

異国の地では知らない曲ばかり流れるのです。

 

カフェやレストランなど、外で音楽を耳にする機会は多い。知らない曲だけど、この曲いいなって思った時、Shazamを使って調べている。

 

 

アプリを起動すると、数秒で曲を読み取ってくれて、

AppleMusicと連携しているから勝手に「My Shazam Tracs」という

プレイリストに追加されていく。

 

 

聴いてこなかったジャンル、知らなかった曲との出会いをもたらしてくれる非常に有能なアプリだ。

 

 

 

トロントの地でShazamした(Shazamで取り入れた)曲たち

 

 

 

Rude

Rude

  • MAGIC!
  • ポップ
  • Â¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 

Where Were You in the Morning?

Where Were You in the Morning?

  • ショーン・メンデス
  • ポップ
  • Â¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

Lightning Crashes

Lightning Crashes

  • provided courtesy of iTunes

 

 

Watching the Wheels

Watching the Wheels

  • provided courtesy of iTunes

 

 

Grant Green (feat. Charles Bradley)

Grant Green (feat. Charles Bradley)

  • ミスター・ジュークス
  • ソウル
  • Â¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

Listen Closely (feat. Safe)

Listen Closely (feat. Safe)

  • DVBBS
  • ダンス
  • Â¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

 

Loser

Loser

  • provided courtesy of iTunes

 

 

Cool Again (feat. gnash)

Cool Again (feat. gnash)

  • Shoffy
  • ポップ
  • Â¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

Everybody's Lonely

Everybody's Lonely

  • Jukebox The Ghost
  • ポップ
  • Â¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

The Pressure

The Pressure

  • Ryan Corn
  • シンガーソングライター
  • Â¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

One Day (feat. Ryan Tedder)

One Day (feat. Ryan Tedder)

  • ロジック
  • ヒップホップ/ラップ
  • Â¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

(随時更新中)

 

日本ではほとんど使うことがなく、ずっとiPhoneの中で眠っていたアプリだけど、こっちに来てから大活躍。邦楽が流れる機会が皆無な異国の地だからこそ活きている。

 

 

 

バスでナイアガラの滝へ行ってきた

 

日本から ナオヤ/タケナカ が来てくれたので、ナイアガラの滝へ行ってきた。

 


行き方はバス、電車、飛行機など様々、

1番安くてアクセスもいいバスを選択。

 


今回はメガバスの利用

往復32CAD 日本円で2,700円くらい

安い~

 


朝8時 Bay駅近くのCoach Bus Terminalより出発

f:id:minresfeber:20190317105038j:image


トロントからのショートトリップは初めてだったので、ハイウェイを走り市内から離れていくにつれて変わりゆく景色が新鮮だった。

 


10時 Niagara Falls Bus Terminal着

 

ここで市内のwegoというバスに乗り換え

f:id:minresfeber:20190317105308j:image


f:id:minresfeber:20190317105412j:image


f:id:minresfeber:20190317105430j:image

 

バスに乗ると、あっという間にナイアガラの滝の側へ
f:id:minresfeber:20190317105444j:image

TABLE ROCK
f:id:minresfeber:20190317105500j:image

大自然の迫力
f:id:minresfeber:20190317105542j:image

上から見た方がより迫力を感じる

f:id:minresfeber:20190317132531j:image

チケットを買って滝の下側へ
f:id:minresfeber:20190317105332j:image

夏場はこの柵より先へ行くことができ、より滝に近づける
f:id:minresfeber:20190317105531j:image

 

滝を楽しんだ後は、徒歩で中心部の方へ

街は比較的コンパクト
f:id:minresfeber:20190317105346j:image


f:id:minresfeber:20190317105549j:image

カジノ初潜入
f:id:minresfeber:20190317105324j:image


f:id:minresfeber:20190317105340j:image

カナディアンモルツを飲みながらビリヤード。最高。
f:id:minresfeber:20190317105438j:image

アップサイドダウンハウス
f:id:minresfeber:20190317105515j:image

19:30発のバスでトロントへ戻った。

つい先日からサマータイムが始まったので、この時間でも空は明るい。
f:id:minresfeber:20190317105423j:image

 

遊びに来てくれた2人本当にありがとう〜〜〜。 

 

 

 

 

 

 

ラーメン二郎が恋しくて。

 

トロントに来てから、

ずっと二郎系が食べたくて、食べたくて仕方なくて。夜も眠れなくなるほど食べたくて。

 

お店を調べてみても二郎系のお店はもちろん存在しない。

 

 

写真を漁っては、あの罪深い一杯のビジュアルに脳殺され、食べたいという衝動に駆られ、でも食べられないという負のスパイラルをひたすら繰り返す日々を過ごしている。

 

終いにはYouTubeで二郎の作り方の動画まで見て家二郎なるものをよだれを垂らす勢いで目に焼き付けている。

 

どれだけ欲しているかというと、インスタで美味しそうなラーメン(特に二郎系)をフォルダを作って保存しているほど。

f:id:minresfeber:20190224070811j:image

(まあ別に日本にいた頃アホほど二郎を食っていたわけではない。遠い存在になってしまったからこそ、喉から手が出るほど食べたくなってるのかもしれない。)

 

 

僕はふと思った。流石にラーメンのハードルは高いけど、豚(チャーシュー)なら簡単に作れるんじゃないかと。

 

溜まりに溜まったフラストレーションを断つべく、少しでも二郎の気分を味わおうと思い、スーパーに向かった。

 

 

醤油等の基礎調味料もなかったので、ちょうど行ってみたいと思ってた韓国系スーパーPATへ。

f:id:minresfeber:20190224053718j:image

バサースト、クリスティー駅間は韓国系のお店が多く、英語よりハングル表記が目立つ。


f:id:minresfeber:20190224053621j:image

 

調理開始
f:id:minresfeber:20190224053636j:image

 

ネギ頭/キャベツの芯/ニンニクを皮のまま

二郎に使う豚は肩肉
f:id:minresfeber:20190224054003j:image

 

いい分厚さだ
f:id:minresfeber:20190224053659j:image

 

鍋に入れ、
f:id:minresfeber:20190224053713j:image

 

1時間半ほど煮込む
f:id:minresfeber:20190224053601j:image

 

タレを作る

お醤油とみりん風調味料(二郎の豚は「みりん」ではなく、「みりん風調味料」の方がいいらしい。)を煮立たせる

f:id:minresfeber:20190224053614j:image

ここでうま味調味料のグルエースを入れるのがベストらしいが、そんなものは売ってなかった。味の素すら見つけられなかったのだから。

 

ジップロックにお肉と調味料を入れて寝かす
f:id:minresfeber:20190224053609j:image

 

完成

いいピンク色

f:id:minresfeber:20190224093737j:image

 

f:id:minresfeber:20190224093627j:image

大満足。二郎を食べた時とまではいかないが、食後の重ったるさと気持ち悪さも軽く味わえたので、しばらくフラストレーションはたまらず過ごせそう。

 

今後、どうしても二郎が食べたくなったら、豚を作ろうと決めた。

 

ちなみにボストンにラーメン荘の支店があるらしく、機会があれば是非とも訪れてみたい。(トロントからは空路1時間半で行ける)

 

トロントがそろそろ本気出してきた

 

1月に入り、徐々に寒さが厳しさを増してきた。

平均-10°な日々

 

【ある日の天気】

翌日は最低-20°を下回り、体感温度は-30°くらいだった。

きつすぎる、、、

f:id:minresfeber:20190124065044p:image

 

バス停になぜか置いてあったパン。見事に凍っていた。

f:id:minresfeber:20190124065038j:image 小さな白い粒は塩。

道路が凍結しにくくするために至る所に撒かれている。「凝固点降下」

 

外は寒いけど、室内はとても暖かいカナダ。

寒さの厳しい国なだけあって、設備はしっかりしてる。f:id:minresfeber:20190124065033j:image

 

f:id:minresfeber:20190124065112j:image

 

f:id:minresfeber:20190124065029j:image

 

外歩く際はこんな感じ。

こっちはカナダグース着てる人めっちゃ多い。

f:id:minresfeber:20190124065055j:image

 

この寒さだから一度雪が降るとなかなか溶けず、

地面はそのうちぐちゃぐちゃに、、、

f:id:minresfeber:20190124065101j:image

 

f:id:minresfeber:20190125114726j:image

 

f:id:minresfeber:20190124065107j:image

 

圧倒的に晴れの日が少なく、

曇り空の毎日はものすごく気分がどんよりする。

気持ちの良いほどの東京の青空が恋しい。
f:id:minresfeber:20190124065116j:image

 

バスが時間通りに来なさすぎて外で待つのしんどい

f:id:minresfeber:20190124075151j:image

New Yorkで食べたもの飲んだもの

 

 

Shake shack / Madison square park

シャックバーガー(シングル)

f:id:minresfeber:20181229104519j:image

f:id:minresfeber:20181229104535j:image

本店で食べるシェイクシャック、最高の一言

 

The City Bakery / Flatiron 

ホットチョコレート+マシュマロ (激甘)

f:id:minresfeber:20181229104531j:image

f:id:minresfeber:20181229104540j:image

 

DOUGH / Flatiron

チーズケーキ味
f:id:minresfeber:20181229104506j:image

f:id:minresfeber:20181229104510j:image

f:id:minresfeber:20181230041301j:image

 

宿の近くのデリ / 934 Columbus Ave

チキンサラダボウル
f:id:minresfeber:20181229104524j:image

f:id:minresfeber:20181229104515j:image

f:id:minresfeber:20190101050832j:image

f:id:minresfeber:20190102045829j:image

ほぼ毎晩食べた(野菜不足補完)

 

Brooklyn roasting company / dumbo 

Winter coffee brend

f:id:minresfeber:20181230041417j:image

f:id:minresfeber:20181231141931j:image

 

2 Bros Pizza / Fort Greene, Brooklyn

1枚1ドルのピザ

f:id:minresfeber:20181230114646j:image

f:id:minresfeber:20181230114639j:image

 

88 Lan Zhou Handmade Noodle Dumpling / Chinatown 

牛肉麺
f:id:minresfeber:20181230114621j:image

f:id:minresfeber:20181230114633j:image

至って普通だった

 

Starbucks Reserve Roastery 

Pantheon Brend, Princina cake

f:id:minresfeber:20181231140545j:image

f:id:minresfeber:20181231140549j:image

世界で4番目のロースタリー

ケーキが12ドルしたけど気にしない

 

Artichoke PIZZA / 114 10th Ave

artichoke

f:id:minresfeber:20181231140540j:image

f:id:minresfeber:20181231140535j:image

 

Shake Shack / 366 Columbus Ave 

シャックバーガー(シングル)
f:id:minresfeber:20190101050838j:image

 

Blue Bottle Coffee / 279 Amsterdam Ave

Giant Steps
f:id:minresfeber:20190101050824j:image

ブルーボトルは清澄白河にオープンした時に1時間以上並んで飲んだなあ。

(コーヒーのためにそれだけ並ぶんだからみんなパッションが高いよね)

今でこそ、日本の店舗も増えて各地で飲めるけど、相変わらずの人気っぷり。

でも今回飲んで思ったけどやっぱりあんまり好きじゃないかもここのコーヒー。

【年越しカウントダウン】ニューヨーク4日目

 

前回

minresfeber.hatenadiary.com

 

 

Dec/31th/2018

 

松ぼっくりの大きさよ

f:id:minresfeber:20190102041605j:image

 

自然史博物館
f:id:minresfeber:20190102041550j:image


f:id:minresfeber:20190102041559j:image


f:id:minresfeber:20190102041531j:image

ここは常にドネーションで入れます。一応設定価格は23ドル。

そんなの無視して1ドルを払う。もちろん受付のお姉さんは快く受け取ってくれます。f:id:minresfeber:20190102041528j:image

美術館と違って博物館は正直そんなに楽しめなかったから、23ドルも出さなくて本当によかった。
f:id:minresfeber:20190102041519j:image


f:id:minresfeber:20190102041457j:image


f:id:minresfeber:20190102041545j:image


f:id:minresfeber:20190102041554j:image


f:id:minresfeber:20190102041617j:image


f:id:minresfeber:20190102041510j:image

 

ダコタハウス
f:id:minresfeber:20190102041507j:image

ストロベリーフィールズ
f:id:minresfeber:20190102041609j:image

 

雨が凄かったので、23時前くらいにタイムズスクエアへ
f:id:minresfeber:20190102041524j:image

2019グラスとかハットとか
f:id:minresfeber:20190102041500j:image

一帯が封鎖されてて、W 55th Stのゲートに行列が出来てたので、雨の中びしょ濡れになりながら40分くらい並んで入場
f:id:minresfeber:20190102041634j:image

23:55くらいのギリギリの時間に入ると、imagineが歌われてた
f:id:minresfeber:20190102041504j:image


f:id:minresfeber:20190102041516j:image

無事タイムズスクエア(付近)で2019年を迎えた

まさに一生に一度の体験
f:id:minresfeber:20190102041613j:image

列に並んでる時に年が明けなくてよかった
f:id:minresfeber:20190102041621j:image

 

この日の朝、トロントへ戻った
f:id:minresfeber:20190102041630j:image